ヨーロッパの麻疹-ECDCレポート

ヨーロッパの麻疹-ECDCレポート



エディターズチョイス
抗炎症剤は、胃の損傷のリスクを最大4倍低減します
抗炎症剤は、胃の損傷のリスクを最大4倍低減します
欧州疾病予防管理センター(ECDC)による最近の報告によると、昨年ヨーロッパでは14,451件のはしかの症例が報告されています。一方、2016年には4,643件でした。患者の87%はワクチン未接種でした